カレットライト

世界一の怖いもの知らず!ギネスブック登録のラーテルという動物とは!?

      2017/04/03

あなたは「ラーテル」という動物をご存知ですか? なんとこの動物は、ギネスブックで「世界一の怖いもの知らず」と、認定されています(笑)

この動物は、

  • いったいどんな動物なの? 
  • なぜ怖いもの知らずなの?
  • 強いの? 弱点はあるの?

などなどを、この記事でご紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

ラーテルとは

【ラーテル】和名:ミツアナグマ(蜜穴熊)
頭部から背面、尾にかけては白い体毛で覆われる。

ラーテルは、イタチの仲間です。この動物の特徴は、なんといっても「怖いもの知らず」というところです。

どれくらい怖いもの知らずか? といいますと、たとえば、自分の体よりも遙かに大きい「ライオン」や「ハイエナ」にも、なんの躊躇もなく立ち向かいます。その上、追い払ったり、獲物を奪う事すらあるのです……!

ラーテルは、その強さから戦車の名前にも採用されたこともあります(「ラーテル歩兵戦闘車」といいます)。

なぜ、ラーテルはそんなに強気なのか? 怖いもの知らずなのか?

実はイタチの仲間というのは、基本的には強気です。しかしながら、ラーテルの強気度は、まさに「世界一の怖いもの知らず」の称号にふさわしい強気っぷりです。

それでは、なぜ、ラーテルはこんなにも強気なのでしょうか?

その秘密は、ズバリ「分厚い毛皮」です。

この毛皮は、猛獣の爪やキバをも、簡単には通しません。さらに、ヘビの猛毒にも耐性をもっています。たとえコブラに咬まれても、一時的に動けなくなるだけで、数時間後には普通に復活するのです。

分厚い毛皮による、自慢の防御力。それこそが、ラーテルの「怖いもの知らず」の秘密なのです。

スポンサーリンク

ラーテルの食事とガスについて

ラーテルは基本的に果物も肉も食べる雑食性です。雑食性ですが、大好物は「ハチミツ」だと言われています。別名が「蜜穴熊」というだけありますよね。

そして、前述のように気性が荒いので、怒るとすさまじい形相で向かった来たり、威嚇でとても臭いガスを出すこともあります(とある動物園の飼育員さんは、そのガスにより涙と吐き気が止まらず、さらに1週間もニオイが取れなかったとか…)。

ラーテルの弱点とは?

ここまでは、そのラーテルの「強さ」について触れてきました。では反対に、「弱点」はあるのでしょうか?

ラーテルの弱点は顔!

そんなラーテルの弱点は、「顔」だと言われています。なぜなら、顔は自慢の毛が薄いからです。

ラーテルの天敵!? 「ミツオシエ」ってどんな鳥なの?

ミツオシエ引用: Kenya, Lesser Honeyguide – Indicator minor, Taita, Nov 11 / pete_steward

ラーテルの好物はハチミツであると、先ほどお話しました。しかしながら、ラーテルは、蜂の巣の場所が分かりません。

ここで「ミツオシエ」という小鳥の出番です。ミツオシエも、ラーテルと同様に、ハチミツが大好物です。

多くのミツオシエは自ら蜂の巣を襲いますが、ミツオシエの中には、自らハチミツを奪えない種もいます。そこで、(自ら奪えない種の)ミツオシエは頭を使います。それが、ラーテルとの協力です。

蜂の巣を見つけたミツオシエは、騒がしい声で、ラーテルの周りを飛びます。そして、その後でミツオシエが蜂の巣へラーテルを先導するのです(これが、ミツオシエの和名「蜂蜜案内」の由来です)。

ラーテルはどうやって蜂の巣から密を取るの?

ところでラーテルは、どのように蜂の巣から蜜を奪い取るのでしょうか?

その方法は、もうド・ストレート、正面突破です(笑)

なんだかカワイイやつです(笑)

ラーテルが蜂の巣を壊し、蜜を奪い取ると、ミツオシエもおこぼれを得ます。

さて、ここまでは「共存関係すごい!」というお話なのですが、実は、ラーテルが息絶える原因の多くに、「ハチに刺されることによるショック死」があるのです。そりゃあ、大群のハチに弱点である顔を刺されたら…。

ラーテルは雑食なのだから、ハチミツが無くても生きていけるのではないでしょうか。ハチが原因のショック死による直接的な原因は、当然ながらハチです。しかし、遠い原因は「ミツオシエ」なのだ……実はラーテルの天敵はミツオシエなのでは……と考えたりもしました。

おわりに|ラーテルを生で見てみよう! 日本だとどこで見られる?

最後に、実際にラーテルを見てみたい! という方向けの情報です。

ラーテルは、日本だと唯一、名古屋の東山動物園で、見る事が出来ます(更新当時 = 2013年10月28日の情報)。

詳しいアクセス方法などは、「東山動植物園のHP」をご覧ください。

それでは、今回の記事はここまでとなりますが、いかがでしたでしょうか? 面白い動物もいるものですね(笑)

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 - ネタ記事

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Comment

  1. book's bird* より:

    はじめまして!今読んでる本に、ラーテルがでできて、検索していたら、カレットライトさんの記事に出会いました。ものすごく楽しかったです。ありがとうございました。フォローさせてください。よろしくお願いします☆

    • かれっと より:

      >>book’s bird* さん
      はじめまして!コメントをいただきありがとうございます。嬉しいお言葉をいただけて嬉しいです。こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします(^^*)

コメントする

follow us in feedly

  関連記事

嘘でしょ?!本当は怖い!知らなきゃよかった驚愕の雑学10連発!

photo by:抹茶牛奶 / flyone1106 ポテトチップスは発がん性が …

話のネタに!面白い雑学・豆知識をクイズ形式でまとめてみたよ!

photo by: Grin Inc. / filterforge こんにちは! …

え!なにこれ!?Twitterで話題!町で噂の自販機が凄い!

自販機の中でコーラが大変なことになってます pic.twitter.com/L1 …